상단여백
HOME 日本 カルチャー
K-POPでつながるレッドエンジェルレッドエンジェル、イファ園で「加平郡観光応援システム」説明会
「加平観光応援システム」

レッドエンジェルが5月24日加平イファ園ナビストーリーの大講堂で「加平郡観光応援システム」説明会を開いた。今回の説明会では、加平MICE観光公社、加平郡B&B(朝食)協会、イファ園ストーリーの各代表と会員が出席した。

「加平観光応援システム」を説明するレッドエンジェル朴代表

「加平郡観光応援システム」とは、#1365で始まる応援メッセージで情報利用料に3,000ウォンで加平郡の観光業者を応援することができるレッドエンジェルだけのプラットフォームシステム事業である。

#1365で始まる番号に応援のメッセージを送信すると、加平観光事業を応援する「加平観光メンバー"になり加平宿泊業、飲食などの観光産業を応援できるようになる。メッセージの転送時発送されるクーポンで加平の代表観光地と加平管内の業者から破格的な特典を一ヶ月間享受できる。

加平MICE観光公社代表

今回の「加平郡観光応援システム」を導入することになったきっかけは、レッドエンジェルが主催する「2018レッドエンジェルK-POPフェスティバルinJARASUM」を通し、加平地域住民や観光客の両方が疎通、共生、地域経済の活性化に資することを目標としている。

加平民拍(ペンション)協会長

また今回の説明会では「加平郡民泊(ペンション)協会」の正会員の多くの適用と一緒にレッドエンジェルとのコラボレーションが行われる計画であり、このプラットフォームを使用して、「加平観光会員」は7月に開催される「2018レッドエンジェルK-POPフェスティバルinJARASUM」のチケットが最大50%割引の特典と各宿泊業者から提示された様々なメリットを一緒に享受できる機会が提供されるという。

イファ園ナビストーリ代表

説明会を主催したレッドエンジェルのバクジェヒョン代表は「加平郡民とレッドエンジェルは、観光客が互いに疎通し共存する桁の足場になって嬉しく、これから加平郡の経済活性化のために全力を尽くす」と所感を残した。

レッドエンジェルは、過去12年の間にタルブクミン、体の不自由な方の人と、ホームレス、大韓民国青年などのイベントやボランティア活動を進めてきた。

이요한 기자  cibihani@naver.com

<저작권자 © 레드엔젤, 무단 전재 및 재배포 금지>

이요한 기자의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
여백
여백
여백
Back to Top